スイングトレードとは?FX初心者向けの人気取引手法

FXの取引手法「スイングトレード」って何?

スイングトレードでFX

スイングトレードとは1日~数日程度の期間で、ある程度大きめの利幅を狙う売買方法です。

FXではスイングトレードを行う人の割合が多く、普通のサラリーマンや主婦といった時間が限られている方たちが、FX投資するためにこの方法を選んでいます。

(⇒スイングトレードについて漫画で解説)

短期売買の仲間ではありますが、「スキャルピング」や「デイトレード」などよりも少し期間が長くなります。

またトレーダーによっては、中期的な投資スタンスをスイングトレードとして捉える場合もあります。

「デイトレードよりは長い期間」、「スワップ狙いの長期トレードよりは短い期間」の取引をスイングトレードと呼ぶ傾向が強いと言えるでしょう。

※相場の変動でマイナスになる場合もあります

スイングトレードのやり方

時間がない人でもOK

スキャルピングやデイトレードと同じく、基本的に順張りでいきましょう。

スイングトレードで売買を開始したら、1日~数日程度の期間で様子を見ながら利益が出たタイミングで決済、または利益が見込めないと思ったら損切りをしましょう。

細かく売買するデイトレードのように取引中ずっと画面を見ている必要もなく、ちょっとした空き時間で状況を確認する程度で良いので、昼間仕事をしているサラリーマンの方や家事育児に忙しい主婦の方にもスイングトレードのやり方は人気なのです。

出先や家事の合間でも出来る

また株式投資では9時~11時半の前場と12時半~15時までの後場しか取引が出来ず、なかなか取引が出来ません。

しかしFXは平日24時間いつでも取引ができるので、自分の好きな時に取引やチェックをができることになります。

取引時間が広い幅を持つため、スイングトレードとの相性がとても良いのです。

実際会社でもトイレ休憩やお昼休みなどちょっと時間が開いたとき、ついでにチェックをする&取引をするという方は非常に多いです。

スイングトレードのコツは
①スプレッド(手数料)が狭い(安い)FX会社を使う。
②損切りをこまめに行う。
③慣れるまでレバレッジはあまりかけない。

スキャルピングやデイトレードほど取引回数は増えませんが、やはり短期売買の手法ということで、手数料が安い会社が有利になります。

スプレッドが最狭水準でキャッシュバックも大きいFXブロードネットならお得にFXを始める事が出来ます。

※相場の変動でマイナスになる場合もあります

スイングトレードでFXをするときはここを気を付けよう

これが重要

スイングトレードをするときには、ちょっとしたことを注意するだけで驚くほど成績が上達します。

リスクとチャンスをコントロールしてこそスイングトレードの真価が発揮されます。

週末を挟まない様にしよう

FX取引できるのは土曜早朝までで、それから月曜の早朝までFX取引が出来なくなります。

土曜の早朝までに取引は一度終わらせておきましょう。

※クローズとオープンの時間はFX会社によって若干違います。

取引が限定されるのは、取引しない間も常に為替市場が動いているからです。

実際にはほとんど誰も取引しないので動きは微々たるものですが、週末に何か大きな出来事があった場合でも月曜の朝まで何もできません。

そこまで大きく動くことはそうはないですが、リスク管理のためにも土日にポジションを持ち越さないようにしましょう。

指値注文とストップ注文をしておこう

スイングトレードは取引画面を見ていない時間の方が多いので、大きなチャンスに気付かなかったり、知らぬ間に損失になっていたり…なんてこともあり得ます。

でも大丈夫です。FXには利益チャンスを逃さないための注文方法や、もし損失となってもきちんとコントロールできる注文方法があるのです。

利益チャンスを逃さないための注文方法を「指値注文」と言います。

指値注文とは、指定した値まで為替が動いたら利益確定のための決済注文を自動でしてくれる注文方法です。

これで大きなチャンスに気付かなくても取りこぼすことなく利益を出すことができます。

一方、損失場面でもきちんとリスクコントロールするための注文方法を「ストップ(逆指値)注文」と言います。

ストップ注文とは、指定した値までで損失がでてしまった場合に損切りをしておいてくれる注文方法です。

事前に注文をしておけば、取引画面を見ていない間の損失を恐れることなく、利益を目指してスイングトレードをすることができます。

設定も簡単なので、取引を始めたらストップ注文と指値注文は忘れずにしておきましょう。

売りから入る事を恐れずいこう

特に買いから入る方が圧倒的に多いのが日本人の特徴です。

無いものを売る「空売り」と言う感覚がイマイチ掴めないのが原因かもしれませんが、スイングトレードの基本は「順張り」です。

トレンドが売り方向にきているのであれば、恐れることなく「売り」から入りましょう。

通貨ペアに「円」が絡む売り取引の場合、スワップポイントがマイナスとなりスワップ支払いが発生する場合が多いですが、スイングトレードのような数日単位程度であればさして影響が出ない額なのでマイナススワップも気にしないで大丈夫です。

FXをしたいけどスイングトレード向きの通貨ペアって何?

通貨ペアの表示例

通貨ペアによってその特徴は様々です。

世界で一番取引量が多い「ユーロ/米ドル」は為替変動が安定していて日本人以外では最も初心者向けの通貨ペアです。

ただ、日本人なら「米ドル/円」が一番なじみが深く始めやすい通貨ペアですね。

また「トルコリラ/円」のようにスワップポイントを狙った長期運用向けの通貨ペアもあります。

⇒トルコリラの長期運用についてはこちら

ではスイングトレードに向いた通貨ぺアは何があるのでしょうか。

目標利益にもよりますが、堅実にいくなら「米ドル/円」大きな動きを狙うなら「英ポンド/円」がおすすめです。

安定して安心な「米ドル/円」

米ドル/円

「米ドル/円」は世界でもトップクラスの取引量を誇り、為替変動が非常に安定しています。

スイングトレードのように取引画面を見ていない時間が多い取引スタイルでも安心して取引ができます。

コツコツと利益を目指していきたい方に向いた通貨ペアです。

⇒米ドルについて詳しくは

為替変動が大きい「英ポンド/円」

英ポンド/円

逆に「英ポンド/円」は為替の変動が大きい通貨ペアです。

一度の取引で大きな利益を目指したい方に向いた通貨ペアです。

反面リスクも大きくなりますし、見ていないときに大きなチャンスが来ることもあるので、「指値注文」と「ストップ注文」をきちんと設定しておきましょう。

⇒英ポンドについて詳しくは

スイングトレードをする方向けのFX会社は?

頻繁に取引を繰り返すわけでもないので、スイングトレードではスプレッドはあまり気にしなくて大丈夫です。

同様にスワップポイントも気にする必要がありません。

スイングトレードをする方が注目するべきポイントは、
①1000通貨取引に対応しているか
②初心者向けツールやデモトレなどサポートの充実度

です。

FX会社を選ぶポイント

少額取引に対応していればお小遣い範囲から始められる事はもちろん、小回りが利く取引ができるのでスイングトレードの自由度が広がります。

またデモトレード搭載や無料セミナー開催など、ユーザーサポートが充実している所は安心感が違います。

上記を満たしているFX会社の中で特におすすめできるのが「外為オンライン」と「FXブロードネット」です。

外為オンラインは初心者向け取引ツール「iサイクル2取引」搭載や無料セミナーに力を入れていますし、FXブロードネットはデモトレードやサポートも充実しています。

もちろん、どちらも1000通貨取引対応なので気軽にスイングトレードができます。

無料予想ツールを活用して有利にスイングトレードをしよう

スイングトレードは、デイトレードのように頻繁にテクニカル分析を駆使してチャートとにらめっこをする必要はありません。

スイングトレードの利点はその手軽さなので、分析にもあまり手間暇をかけたくはありませんからね。

しかし、これから為替がどう動きそうなのかの予測を立てておくことは重要になります。

そこでおすすめなのがセントラル短資FXが提供する「みらいチャート」やFXトレード・フィナンシャルが提供する「FXTF未来チャート」です。

どちらも基本的には同じ為替予測ツールで、大きく2つの特徴があります。

①アイコンで分析結果を示す

各種テクニカル分析を自動で行い、その結果をアイコンで直感的に分かりやすく表示してくれます。

テクニカル分析は便利ですが、分析結果を正しく判断するには経験が必要です。

しかしそれすらもイコンで示してくれるので、とっても優秀&楽チンで相場状況を読み解けます。

②過去データから今後の動きを予測

膨大な過去為替相場のデータを分析&解析、今の相場状況と似た動きを探し出してこれから為替がどう動く可能性が高いのかを示してくれます。

為替の動きを予測することで「今もう利確した方がいいのか?もう少し待った方が利益チャンスが大きくなるのか?」と言った取引方針を立てやすくなります。

◆FX取引に役立つ予想ツール特集

相場が荒れる経済指標の発表タイミングはチェックしておこう

為替相場が大きく動く要因の一つに重要経済指標発表があります。

例えば世界を動かすアメリカの景気動向を示す指標「米雇用統計」時には為替が大きく動きます。

このような時はチャンスでもありますが、予想が立てづらくリスクも発生します。

また重要経済指標の発表日時を知らないでいると、思わぬ乱高下に右往左往する羽目にもなってしまいます。

特にアメリカの経済指標は非常に重要ですので「米雇用統計」や「FOMC」、「米GDP」などと言ったアメリカの重要経済指標は気にするようにしましょう!

◆経済指標特集!重要な指標を覚えておこう

FXをやってみよう!(スマホでも登録・取引出来ます)

どんなFX会社を選べばいいの?

FXを始めるのは簡単です。FX会社のホームページに行き、必要な事項を入力するだけですので最短3分で手続きは終わります。

インターネット上で全ての手続きができるので簡単に手続きが終わります。

口座開設費・維持費等、全て無料です。キャッシュバックのキャンペーンをしている所もあります。

開設について詳しくは、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

初めての人は、システムが賢く24時間取引してくれるシステムトレードや無料練習出来るデモトレードを利用することで難しくなく始める事が出来ます。

FXが初めての人はデモトレードでお試し。スイングトレードの練習にもぴったりです

FXが初めての人はまずデモトレードで練習してみましょう!

無料練習できるデモトレード

デモトレードとはゲーム感覚で楽しくFXを無料練習する事ができる機能です。

FXのツールは会社毎に違うので自分に合っているかどうか?PCはいいけどスマホツールも使いやすいの?と言った疑問や気になる事をお金を使わずに試す事ができます。

またスイングトレードの練習にも持って来いです!

為替レートを見ながらFX取引がどんなものか楽しくお試ししてみましょう。

スイングトレードも学べるFX無料セミナーで実力アップ

スイングトレードは初心者の方も始めやすい取引方法ですが、実際にFX取引を始めてみると色々な疑問も出てくるものです。

FX無料セミナー

そんな疑問を気軽に正しく解消してくれるのがFX会社が主催する無料セミナーです。

例えばセミナーに非常に力を入れている外為オンラインでは、毎月数十回もの無料セミナーを開催しています。

内容もFX戦略セミナーと言った上級者向けから、パソコンの使い方から教えてくれる超初心者向けのものまで非常に幅広い種類のセミナーを無料で開催しています。

講師の方とも気軽に話し合えるので、スイングトレードで気になった事やコツについても気兼ねなく質問ができます。

さらに「はなまるFX」ではセミナー特集の漫画も公開しています。

※相場の変動でマイナスになる場合もあります。

FXコラム

スイングトレードについて漫画解説

数日単位でゆっくりと売買するスイングトレードは1日5分程度の時間があれば十分なのでとっても簡単。

FX初心者の方も始めやすいこの取引スタイルについて漫画で優しく解説します。

FXにはスイングトレードのほかにも、秒単位で売買を繰り返す「スキャルピング」や数分から数時間単位の「デイトレード」、スワップポイント益を狙った「長期運用」と様々な取引スタイルがあります。

自分がどのスタイルに適しているのか?

実際に色々実践してみるのも手ですが、FX会社が提供する練習ツール「デモトレード」を活用するのも賢い手です。

本物の相場で実際のトレーダーに交じって練習できるので、自分に適した取引スタイルを無理なく探すことができます。

FX実践の前にまずはデモトレードで楽しくお試ししてみましょう。

スイングトレードに適したFX会社は?

スイングトレードをするならまずおすすめしたいFX会社が「FXブロードネット」です。

業界最安水準のスプレッドに、業界最高水準のスワップポイントと非常に好条件でFX取引をすることができます。

もちろんデモトレードも搭載しているので気軽にFX練習ができます。

スイングトレードするならぜひとも口座を開いておきたいFX会社です。

⇒スイングトレードページトップに戻る