NZドルってどんな通貨?現状を押さえよう

NZドルってどんな通貨?現状を押さえよう

NZドルとは?まずは基本を確認しよう

NZドルとは?どんな国か知ろう

NZドルはニュージーランドドルの略称です。

通貨コードはそのままNZDで、キーウィやキウイという愛称があります。

キーウィはニュージーランドにしか生息しない国鳥のことで、通貨の他に国自体をキーウィと呼ぶことも多々あります。

そんなNZドルは資源国通貨としての位置づけの他に、高めの金利設定が注目されています。

現在では利下げの影響によって少々高スワップポイント通貨と言い難い一面もありますが、急暴落などせず安定した通貨であることは間違いありません。

今回はニュージーランドがどんな国なのか触れるとともに、NZドル野特徴。NZ投資のオススメ方法など詳しく見ていきましょう。

資源国通貨とは?特徴をおさえよう

資源輸出への経済的依存度が高い国の通貨のことを資源国通貨と呼んでいます。

FXでは豪ドルやカナダドルが有名ですが、NZドルも資源国通貨のひとつとして扱われます。

ただ上記の2国が鉱物やエネルギー産業を中心としているのに対して、ニュージーランドは酪農業が主要輸出産業となっていますから、若干性質が異なる部分もあります。

例えば、ニュージーランドは原油や鉱物資源を産出しません。

その代わり、乳製品の輸出額が3割ほど、その他は肉類・羊毛・木材・果実などの第一次産業が主要になっています。

中でも乳製品は有名ですから、FXに関心がなくともご存知の方は多いかと思います。

占める割合が多いと言うことは、それだけ通貨の価格に与える影響も大きいということで、輸出先のオーストラリアや中国、ロシアなどの輸入状況も直接関係してくるのがポイントです。

実際、乳製品価格の下落が一因となって、ニュージーランドは過去に政策金利を引き下げています。

他国の経済状況が自国に影響を与えると言うのは、資源国通貨の特徴のひとつですから、輸出先の動向も良くチェックしておくことがNZドル取引では重要になってきますね。

金利水準は高め?NZドルの現状

ニュージランドは日本と同じ小さな細長い島国ですが、国土は更に小さく、農業など1次産業が盛んです。

自然が豊かでゆったりとしたイメージのあるニュージーランドは、人口よりも羊の数が多いと言われています。

これはニュージーランドの統計局が公式に発表している内容で、ニュージーランドの独特の文化を象徴していることでもあります。

羊毛などの生産が盛んなのに加えて、品質の良いラム肉が世界各地に輸出されています。

羊だけでなく牛や鹿の数も多く、放牧されている様子が紹介されやすいですね。

そのため牛乳や乳製品も羊毛同様に重要な輸出品となっており、先ほど触れた輸出先の影響を受けるまで輸出割合を占めるようになっています。

そんなニュージーランドのNZドルは、先進国通貨としては高水準の金利と言われてきました。

一方でマイナー通貨が大幅に政策金利を上げているのと比較すると、どうしても見劣りするように見えてしまう部分もあります。

しかし金利を大きく上げた通貨は、その金利を維持し続けるのが難しく、後にまた一気に値下げを行う傾向があります。

一時的に高金利に見えても、変動幅が安定していないのがネックです。

NZドルの価格推移やスワップポイントの様子を見ても、それらのマイナー通貨と比べてかなり安定している印象があります。

2020年の6月現在では、世界的に金利が下がり気味で高スワップポイントがなかなか望めない状態ではありますが、今後の動向次第ではスワップポイント狙いの中長期取引も目指せるかもしれません。

NZドルの動く時間帯

24時間動き続ける為替市場も、国単位で見れば活発な時間帯が存在します。

日本でも日中、経済が活発になる時間帯があることを考えれば理解しやすいでしょう。

ニュージーランドと日本の時差は約3時間ほどです。

日本の市場が開くのは9:00~となりますので、ニュージーランドが含まれるウェリントン市場が開かれるのは日本時間で言うところの6:00~14:00となります。

FXの1日のサイクル、市場のスタートはこのウェリントン市場からというのも特徴的ですね。

日本円との通貨ペアなら、ふたつの市場が重なる午前中から正午にかけてまでが狙い目です。

ただし関係の深いオーストラリアの動向や、FX市場全体の流れを見ていくと、最も活発に動くのは日本時間の夕方や深夜とされることが多いです。

これは世界の中心市場とされているロンドン市場・ニューヨーク市場が重なる時間帯で、FXが最も盛り上がるとして注目を集めているタイミングでもあります。

時間帯ごとに影響を受ける市場が違うので、その点にも注意して取引を行っていきたいですね。

⇒為替の動く時間帯について詳しくは

注目したい経済指標

NZドルの動向を知るには、経済指標をチェックすることが重要です。

ニュージーランドの経済状況を表す指標はいくつか種類がありますが、ここでは重要度順にピックアップした数個を見ていきましょう。

RBNZ(NZ中銀)政策金利発表

ニュージーランドの中央銀行はRBNZと略されます。

年8回金融政策決定会合が行われ、政策金利を初めとした金融政策を決定しています。

ニュージーランドだけでなく、中銀からの発表は多くの注目を集めているため、重要度としては最重要と言えそうです。

因みに、隣国のオーストラリアと経済的な結びつきが強いことをこれまで説明してきましたが、この指標がオーストラリア経済に影響を与えることもあります。

早朝5時と発表はかなり時間的に早いですが、NZドル・豪ドル取引を考えているどちらのトレーダーもチェックしたいですね。

雇用統計

雇用統計と言えばアメリカの米雇用統計が有名ですが、ニュージランドでも同様に発表されています。

発表タイミングは四半期ごと、発表時間は朝の7時45分頃です。

雇用統計は労働市場がどのようになっているか表す指標のひとつで、発表された内容はニュージーランド中央銀行が金融政策を決定するうえで重視する情報となります。

重要視されているRBNZ政策金利を左右しかねないのですから、こちらも重視されるのも頷けるでしょう。

市場からの注目も熱く、発表後の為替市場の大きな動きに注意が必要です。

GDP(国内総生産)

経済の授業やニュースなどでも耳にするGDPは、国内で生産されたものやサービスなどの付加価値の合計です。

直接的に経済の規模を示すものであり、金融政策を決める重要な指標になります。

発表タイミングは四半期(3・6・9・12月の下旬)ごと。

GDPの伸び率はそのまま国の経済成長率も表しますから、重要度も高い指標と言えます。

CPI(消費者物価指数)

CPIはニュージーランドの消費者物価の状況を表しています。

消費者物価指数とは、簡単に言えば「消費者がものを購入するときの価格」で、前期比や前年比として上昇率で目にすることが多いです。

ニュージーランド統計局から発表され、タイミングは四半期が終わった翌月の中旬頃になります。

NZドルはこんな人向け!

ここまでNZドルの解説を行ってきました。

自然豊かなニュージーランドは、島国で四季がはっきりしているという点で日本と似た部分のある国です。

ただし南半球にあるということで、日本時間とのピークのズレを感じることもあります。

特に、重要指標の発表時間が早朝になってしまいますから、早起きが苦手な方には厄介な通貨かもしれませんね。

・朝の指標発表をリアルタイムで追える方

・影響を受ける諸外国の動向も見れる方

・今後の状況を見て取引期間を調整出来る方
(スワップポイントが高水準になれば中長期アリ)

先進国通貨ということで、金利は比較的安定して推移しています。

高金利を打ちだしているマイナー通貨に比べれば見劣りするかもしれませんが、低リスクを取るのであればこちらに軍配が上がるでしょう。

2020年6月現在ではどの通貨もスワップポイントが低めの設定となっています。

今後また以前の水準に戻っていくタイミングを見極めるためにも、細やかなチェックをしておきたい通貨ですね。

通貨別メニュー

FXをやってみよう!(スマホでも登録・取引出来ます)

どんなFX会社を選べばいいの?

FXを始めるのは簡単です。FX会社のホームページに行き、必要な事項を入力するだけですので最短3分で手続きは終わります。

インターネット上で全ての手続きができるので簡単に手続きが終わります。

FX会社は口座開設費・維持費等、全て無料です。キャッシュバックのキャンペーンをしている所もあります。

開設について詳しくは、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

初めての人は、システムが賢く24時間取引してくれる自動売買や無料練習出来るデモトレードを提供しているFX会社を利用することで難しくなく始める事が出来ます。

特に外為オンラインなら上記のほかにも無料セミナーやアプリ、初心者サポートも充実して安心して利用できます!

初めてでも安心!FX会社特集

外為オンライン
55万口座突破!初心者に優しいFX会社

ここがポイント
キャッシュバックキャンペーン中!
iサイクル2取引で初心者でも安心して始められる
スプレッド
(米ドル/円)
1.0銭
スワップ20円
キャッシュバック150,000円

外為オンラインは55万口座を突破、まずここで始めておけば間違いない!と言われる程に圧倒的な支持を受けるFX会社です。

特に「iサイクル2取引」は簡単な設定で、24時間貴方に代わって賢くトレードしてくれるので、初心者の方や忙しい方でも安心して始められます。

(iサイクル2取引の特集はこちら)

またminiコースなら資金が通常の10分の1で始められるので、少額でまずは試してみたいと言う方にもオススメです。

他にも無料練習できるデモトレード無料セミナーの開催など初心者サポートが充実している安心FX会社です。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

これまでは5000円だったものが今なら現金150,000円キャッシュバックキャンペーン中!

非常にお得にFXが始められるこのチャンスをお見逃しなく!

詳細ページへ>

FXブロードネット
トラッキングトレードならチャンスを逃さず取引

ここがポイント
自動で賢く取引するトラッキングトレード搭載
無料セミナーに少額取引と初心者に優しい
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭
原則固定
スワップ34円
キャッシュバック20,000円
(最大)

賢くプログラムが相場の状況を常に把握し、24時間自動で取引してくれるシステムがトラッキングトレードです。

FXで判断に迷う売買のタイミングをプログラムに任せられるので、特に初めてFXをするに人に優しいFX会社です。

また、少額取引対応に加えてFX無料セミナーの開催などFX初心者のサポート体制が非常に充実!

これからFXを始めようと言う方に特に向いています。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

今なら20,000円 (最大)キャッシュバックキャンペーン中です。

詳細ページへ>

みんなのFX | トレイダーズ証券
モバイル機能充実でスマホ取引に最適

ここがポイント
定期開催のグルメキャンペーンが美味しく楽しい
人気講師によるオンラインセミナーが人気
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭
(原則固定)
スワップ30円
キャッシュバック50,000円
(最大)

1000通貨対応や人気講師を招いたオンラインセミナー、営業日24時間サポートなど初心者に優しいFX会社として注目されているのがみんなのFXです。

また有名為替情報配信社と提携し、FXのプロも納得の情報サポート体制です。

スプレッドが業界最狭水準で余計なコストがかからないのも嬉しいです。

定期開催される全国の絶品グルメが選べる美味しい企画もユニークで、楽しくFX取引をすることが出来ます。

詳細ページへ>

YJFX! (ヤフーグループ)
お得な企画にデモトレ搭載と初心者に優しい

ここがポイント
充実ツールでスマホでも取引しやすい
1000通貨からと少額から始められる!
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭
スワップ44円
キャッシュバック27,000円
(最大)

大手IT会社ヤフーグループだからこそ出来る充実のサービス&サポートが満載!
1000通貨と通常の1/10の資金からできるので「ちょっと試したい」「やってみたいけど不安」という人も安心して始められます。

また、いつもと同じ取引をするだけでPayPayか現金が貯まるなど、お得な企画も満載です。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

キャッシュバックが27,000円 (最大)とキャンペーン中の今はお得に始めるチャンスです。

詳細ページへ>

LIGHT FX | トレイダーズ証券
お手軽に始められる本格FX

ここがポイント
業界最高水準のスワップポイントを狙おう
初心者が始めやすいシンプルなサービス満載
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭
スワップ51円
キャッシュバック50,000円
(最大)

トレイダーズ証券が運営する「LIGHT FX」は、とにかくFXに特化したFX専用の口座です。

1000通貨対応で約4000円から始められるほか、シンプルで使いやすい取引環境を提供しています。

その中でも注目したいのが、高金利通貨をかなりの高スワップポイントで提供していることです。

中期・長期運用を考えている方にはお得な情報ですので、ぜひ一度LIGHT FXで運用をしてほしいですね。

詳細ページへ>

FXコラム

サイト運営者情報

サイト運営者:松沢 美沙

サイト運営者:松沢 美沙

FX取引歴12年、サイト運営歴4年。
これまでの取引経験を生かしつつ、分かりやすいサイト作りに日々励んでおります。

私自身の取引スタイルは運営者情報にて。サイトで紹介しているFX会社へは登録済みです。

特商法:サイト方針・運営者情報

また当サイトでは金融庁に登録されている安心FX会社のみを紹介しております。

認可を受けていない海外FX業者は国内拠点がなく、トラブルが発生しても自己責任となりますのでご注意ください。(※注)日本国内でFX業務を行うには金融庁に登録が必須です。
(金融庁HP:登録等を受けている業者一覧)