FXを始める準備と始め方入門!初心者もわかるFXのやり方

FXの始め方を学ぶならデモトレ!実践を始める前に無料練習しよう

無料練習できるデモトレード

例えば車を運転する人は、誰でもまず免許を取るために教習所に通って練習します。

FXも同じで、実践を始める前に練習できるところで始め方・やり方を練習する事が大切です。

いきなり本番の取引に挑戦するのではなく、始める準備として練習機能を使ってみましょう。

FXでは、デモトレードという無料で練習出来る機能があります。

先ほどの例えなら、車を教習所で習うのと一緒で、FXを始めるためにFX会社のサイトでデモトレードを経験します。

まずはFX取引とはどういうものかを肌で感じるために、デモトレードで楽しみながら練習してみる事をお勧めします。

特に本番では決して出来ないような無謀な取引も試す事が出来るので、色々と試して本番を始める準備をしましょう。

また、デモトレードの詳しい始め方についてはこちらでも紹介しています。

どんなことに注意して始めたらいいのか?迷っている方は是非、参考にしてみてください。

FXを始めるために口座開設しよう

FXを始めるためには口座開設

FXを始めるために、まず必要なのはFX専用の口座です。

取引するFX会社を決め、その公式サイトへ行って申し込みをします。

ではFX取引を始めるために、実際に口座を開設してみましょう。

FXの口座開設は開設費はもちろん、維持費・年会費無料など費用がかかる事は一切ありません。

銀行のように口座開設をするにはお金を少しでも入れておかなければならない、と言う事もありませんので本当に気軽に開設ができます。

また口座開設は会社のHPに行って申し込みをするだけでなので、印鑑も通帳もいらずに非常に簡単です。

下記リンクの「口座開設・取引の流れを知ろう」にてFX口座の申し込みのやり方を優しく解説していますので参考にしてみてください。

FXで口座開設をするには、取引をするFX会社を決定しなければなりません。

初心者向けのサービスが充実していたり、キャッシュバックを行っていたりと、会社ごとの特徴は様々です。

デモトレードで取引経験を行うのも、出来れば今後使い続けるFX会社である方が馴染みやすいですよね。

そうは言っても、始めたばかりだとどのFX会社がいいのか迷ってしまいがち。

デモトレード対応しているFX会社の良いところをピックアップしていきます。

気になるFX会社があれば、そこでお試しから始めてみましょう。

◆外為オンライン

iサイクル注文ならチャンスを逃さない

外為オンラインは、口座開設者のほとんどがFX初心者と言われているFX会社です。

人気の秘密は、FXの始めやすさや、寝ている間にも頼れる「iサイクル注文」の存在でしょう。

外為オンラインでの取引に必要な最少額は、約4000円となります。

これは通常の10分の1の額ですので、始めやすさも10倍と言えるでしょう。

せっかくデモトレードで練習しても、取引のハードルが高いと本番に移れませんからね。

「iサイクル注文」は簡単設定で使える、賢い自動売買です。

通常の取引だけでなく、こちらも無料お試しが可能です。

まず実績を実感してみるところから始めてみるのも良いですね。

外為オンライン特集ページへ

◆FXブロードネット

FXブロードネットのトラッキングトレード

FXブロードネットは、チャンスを逃したくない人向けのFX会社です。

FXトレーダーのわがままを実現した自動売買「トラッキングトレード」が使用できます。

とにかくシンプルなので、FXが初めての方でも気軽にスタート出来ます。

毎回毎回の注文を出す必要はなく、大まかな方向性だけを決めてしまえばOK!

あとは24時間あなたに代わってコツコツ賢い取引を繰り返していてくれます。

詳しくはこちらの詳細ページを覗いてみましょう。

FXブロードネット特集ページへ

上記では、デモトレードと自動売買に対応している会社について紹介しました。

はなまるFXで紹介しているFX会社は、魅力のある会社が盛りだくさんです。
お気に入りの一社を探してみましょう。

どの通貨ペアで始めるかを決めよう!初めてなら米ドル/円がおすすめ

通貨ペアの表示例

FXは取引を始める前に、通貨の組み合わせ(通貨ペア)を決めます。

実際に口座を開設して、FX取引を始める時に通貨ペアの一覧が出てきます。

この通貨ペアは、会社ごとに扱っているものが異なる場合もあります。

FXでは通貨をアルファベット3文字の略称で表します。最初の2文字で国名、最後の1文字で通貨名を表しています。

例えば米ドルならUSD、円ならJPY、ユーロならEURです。

通貨ペア表記の順番は決まっていて米ドルと円の組み合わせは必ずUSD/JPYとなります。

これは、左側の通貨(1通貨)に対して右の通貨はいくらかを表しています。

例えばUSD/JPYと表記されていた場合1米ドルは~円となります。

FX初心者が始めるなら「米ドル/円」

米ドル/円

米ドルは世界で一番取引量が多い通貨で、日本円は世界で3番目です。

この2つの組み合わせである「米ドル/円」は世界トップレベルの取引量を誇る通貨ペアです。

「米ドル/円」は日本でもなじみが深く、情報も入りやすいので取引が非常にしやすい通貨ペアです。

⇒関連:米ドルについて詳しくはこちら

また為替変動が安定しているので、特に初心者の方がデイトレードやスイングトレードを始めるのに適しています。

デイトレードは数分から~数十分単位で売買を繰り返して利益を目指す1日で完結するスタイルのことです。

一方でスイングトレードは、数日ほど動きを見ながらじっくり取引をするスタイルを指します。

デイトレードについて詳しくはこちら、またスイングトレードについてはこちらで解説しています。

始める通貨ペアでFX会社を決めよう

通貨ペアごとにFX会社を選ぶ

FX会社毎に得意な通貨というものがあります。

後述する「スプレッド」という取引にかかる手数料の少なさを売りにしている会社であったり、キャンペーンでお得に始められる会社であったりとFX会社と言っても色々な特徴があります。

始める通貨ペアを決めたら、そのペアが得意なFX会社を選びましょう。

⇒通貨別FX会社選びはこちら

売値と買値の差「スプレッド」とは?FXを始める時に気にするべき実質手数料

売りと買い、どちらからでも始められるFX

取引画面には価格が並んでいますが、FXでの取引は、売り値(BID)と買い値(ASK)の2つの相場があります。

これだけ聞くと難しそうですが、仕組みは簡単です。

例えば中古のCDショップが良い例です。CDの買取価格と販売価格は同額ではありません。

なぜなら、安く買って高く売らないと利益が出ないからです。

FXもこれと同じでFX会社が「売りたい値段」と「買いたい値段」は違います。

つまり「売りたい値段」と「買いたい値段」の差額がFX会社の利益(手数料)です。

この差額をスプレッドと言います。「左にあるのが売値、右にあるのが買値」と覚えましょう!

⇒スプレッドについて詳しくはこちら

実際にFX取引を始める

FX取引の始め方

レートの見方がわかったらいよいよ注文です!

最初は初心者向きの通貨ペアUSD/JPY(米ドル/円)で注文をしてみましょう。

スプレッド(手数料)も安く、値動きも比較的穏やかなので初めての初心者が始めるのに向いている通貨ペアです。

最も簡単な注文方法は「ストリーミング注文」「クイック注文」と言われるものです。

現時点での見たままのレートで取引する方法ですので、最初に始める時はこれだけ覚えておけばOKです。

①買いたい通貨ペアを選ぶ

②取引数量を決める

③ASK(買)のボタンを押して買う

逆に売りたい場合はBID(売)のボタンを押せば売ることが出来ます。

見た目も分かりやすいですし、非常に簡単な操作で売買ができます。

取引を始める時に覚えておきたい注文方法

FX取引に合わせて注文方法を使い分ける

FXを始める時、最初は成行注文だけで問題ないですが、さらにチャンスをものにするならほかの注文方法も覚えておきましょう。

FX取引を始める時の注文方法には、その時のレートでの売買取引の他にも、注文から決済までを自動で行う注文方法もあります。

相場の動きに合わせて、注文方法を変えることで効率よく取引を始める事ができます。

指値注文・逆指値注文は大事

指値注文・逆指値注文

FXは平日24時間いつでも取引を始める事ができるのが魅力ですが、24時間取引画面に貼りついてるわけにはいきません。

ですが見ていないときに大きなチャンスが来ていたらと思うとなかなか目が離せない…

そんな時に活躍するのが「指値注文」です。

指値注文とは、「為替がここまで動いて利益が出たら決済を自動でしておいて」、とあらかじめ命令しておく注文方法です。

この注文方法を利用すれば、見ていないときのチャンスの心配をすることなくFXを始める事ができます。

また逆指値注文とは、反対に「もしここまで含み損が発生したら決済をして損失を抑えておいて」、とあらかじめ命令しておく注文方法です

これのお陰でもしものリスクを怖がることなく利益を目指す事ができます。

⇒FXを始める時に覚えたい注文方法を解説

取引を始めたら必ず損切りラインを決めておこう

ロスカット

FXを始めるにあたって損切りするラインを決めておきましょう。

具体的に言うと「レバレッジを何倍」にして、「いくらまでの値幅まで動いて損したら損切りする」のかを決めます。

つまり、初めに損失の許容金額を決めておくことが大切です。これは自分の投資金額によっても変動します。

注文を出したら、必ずすぐに「逆指値注文で損切りの設定」も入れておきましょう!

人は感情に流されやすいものです。特に、損をしている時は、なかなか決断できないものです。

どれだけ感情を入れずに、そして機械的に始める事ができるかが勝負の分かれ目です。

一つの解決策として、自動的に売買をしてくれるシステムトレードで始めるのも手です。

また自動お任せで取引してくれるFX会社の中でも特に人気なのが外為オンラインの「iサイクル注文」です。

iサイクル注文

iサイクル注文とは、為替や経済情報に疎くても賢いシステムが24時間自動で為替相場を追いながら取引をしてくれる注文ツールです。

わずか3ステップで完了する設定の簡単さでありながら非常に優秀で初心者だけでなく、手動取引と併用して始めるプロの方も多いです。

無理は禁物!FXは余裕資金で始めるのが大切

まずは低レバレッジでFXを始める

当たり前ですが、取引する際は必ず生活費とは別の余裕資金で運用を始めるようにしてください。投資のコツは心に余裕を持つことです。

また、FX初心者の方は、慣れるまではあまりに高レバレッジでFXを始めることはおすすめしません。

高レバレッジでFXをした場合、予想と少し逆に動いただけでロスカットになってしまう場合があります。

ある程度慣れるまでは1000通貨で少額取引に対応している会社で、レバレッジを高くし過ぎないように始めることをおすすめします。

無料セミナーで実力を上げてFXを始める

FXをネットや本で独学で始めるのも良いですが、FX会社が無料で開催しているセミナーに参加するのも手です。

無料でプロから学べますし、何よりFX会社が主催しているので安心して参加することができます。

FX会社の無料セミナーには「会場型」と「オンライン型」があります。

FX無料セミナー

懇切丁寧に学べる「会場型」

会場型は現地まで行かないとですが、プロの方から懇切丁寧に教えを受ける事ができ、質問も気軽にすることができます。

会場型に特に力を入れているのが外為オンラインです。

毎月何十回とセミナーが開かれており、PCの使い方と言った超初心者向けからFX戦略と言った上級向けのものまで幅広く開催しています。

FX無料セミナー

家に気軽に受講「オンライン型」

オンライン型は家で気軽にプロの講義を聴くことができるのがメリットです。

過去セミナーも公開しているFX会社もあるので好きなタイミングで自由に学べます。

オンライン型に力を入れているのがみんなのFXです。

チャット機能もあるので講師に質問をすることもできます。

FXをこれから始める人も、さらに上達したい人も気軽に受講できるFX会社主催の無料セミナーはおすすめです。

FXをやってみよう!(スマホでも登録・取引出来ます)

どんなFX会社を選べばいいの?

FXを始めるのは簡単です。FX会社のホームページに行き、必要な事項を入力するだけですので最短3分で手続きは終わります。

インターネット上で全ての手続きができるので簡単に手続きが終わります。

口座開設費・維持費等、全て無料です。キャッシュバックのキャンペーンをしている所もあります。

開設について詳しくは、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

初めての人は、システムが賢く24時間取引してくれるシステムトレードや無料練習出来るデモトレードを利用することで難しくなく始める事が出来ます。

FXコラム