初心者が始めるなら米ドルから!始めやすい理由とは?

初心者は米ドル/円(USD/JPY)から!FXの代表的な通貨「米ドル」

FXにとっての通貨とは

株で銘柄を選ぶように、FXでも取引する通貨を選ぶ必要があります。

通貨には各国の経済状況などが大きく反映されます。
特徴や値動きのポイントは通貨ごとに違ってきますので、取引のしやすさを決めるのにも通貨選びは欠かせません。

初心者が始めやすい通貨ペアもありますので、まずは最も分かりやすいものから見ていきましょう。

米ドルは一体どんな通貨?

私たちの身近で使われている通貨と言えば、真っ先に思いつくのは日本円ですね。

では日本円以外の、外国の通貨ではどうでしょうか?思いつく外貨はありますか?

ほとんどの方がアメリカのドルを挙げるのではないでしょうか。

実際FXだけでなく、経済面でもアメリカは大きな影響力を持っている国です。

通貨として世界の中心に位置しており、最も取引量の多い通貨と言われています。

日本では日本円と組み合わせた「米ドル/円(USD/JPY)」の通貨ペアが一番メジャーです。

実は米ドル以外にも、豪ドルやカナダドル、香港ドルなど「ドル」の種類は存在しています。

しかし「ドル円」と言われれば、おおかた米ドル/円のことを指します。
いかに人々の中で圧倒的に米ドルの存在が大きいかが分かりますね。

米ドル/円のペアは、人気があり通貨量が多いことによって、日々の値動きが小さくなっています。

値動きの小ささは初心者が始めるにあたって、大きなメリットとなります。

値動きが小さいことによるメリット

米ドル/円の1日値動きは、数銭から1円前後にとどまります。

過去のデータでも、一番大きく動いた場合で4~5円程度。2円以上動くことも稀です。
歴史的に見ても、米ドル/円は安定した通貨ペアと言えそうですね。

大きな値動きがないと利益が出しにくいような印象を受けますが、反対に大きな損も出にくいのが特徴です。

あまり流通していないマイナー通貨だと、安定性がないため急上昇や急落を起こす可能性があります。

予期せぬ損失を防ぐためにも、初めのうちは値動きが読みやすい通貨を選択するのがベターです。

通貨の「安定性」というものは、思っているよりも多くの恩恵を受け取れるものです。

また、利益を伸ばしたい場合には、取引する通貨量を増やすという考え方もあります。

値動きの小ささは、強制ロスカットの可能性を低くし、レバレッジの働きを実感するのにも役立ちます。

通貨量もレバレッジも、初めのうちは低く運用していきながら徐々に学んでいきましょう。

人気の通貨はスプレッドも安い

通貨のスプレッドは、通貨ごとやFX会社毎に違いがあります。

自分が取引する通貨が有利になるように会社選びをしましょう。

米ドル/円は比較的、どこのFX会社も低スプレッドで提供していますので安心ですね。

これは米ドル/円の流通量が大きく関係しています。

流通量の多いメジャー通貨ほどスプレッドが低く、マイナー通貨ほどスプレッドが高くなる傾向があるのです。

米ドルは基軸通貨とも言われるほど、世界の中心となる通貨ですから、当然取引するトレーダー数も多くなってきます。

米ドル/円の低スプレッドを売りにしているFX会社も珍しくはありません。

スプレッドだけで決定出来ない場合は、FX会社が提供しているデモトレードを利用するのもオススメです。

実際に取引ツールに触れながら、自分に合っている会社を比較して見つけていきましょう。

ニュースから相場を学ぼう

通貨の価格は、各国の様々な要素で変動します。

その国の景気や金利といった経済的な要因が、大きな影響を及ぼしているのです。

FXのプロは、いつも勘や当てずっぽうで取引をしている訳ではありません。

下記のような経済情報をヒントに、今後の予測を立てています。

これらの経済情報は、米ドルであれば非常に豊富に配信されています。
マイナー通貨に比べて、情報の入手がしやすいわけですね。

主軸通貨である米ドルの動きは他の通貨にも影響を与えることが多く、他通貨の取引を行っているトレーダーでもアメリカの指標をチェックするほど。

もし仮に他通貨での取引を考えていても、ドル円関連のニュースは見逃せないのですね。

初心者のうちから、経済ニュースで相場の見通しを立てることに慣れておくと良いでしょう。

注目したい経済指標

アメリカの指標は自国のみでなく、他通貨にも影響を及ぼすほど!
世界中から動向が注目されています。

ただ主要な国になればなるほど、発表される数が増えてしまうのが初心者を悩ませるポイントでもあります。

まず参考にしたいのはこの2つです。

米国雇用統計

最も注目すべきなのは「米国雇用統計」です。単純に雇用統計とも呼びます。

毎月第一金曜日に発表される「非農業部門雇用数」と「失業率」の2項目を代表に、米国の雇用情勢を調べたものです。

国の景気が分かる指標となっており、FOMC(連邦公開市場委員会)の金融政策の決定にも大きな影響を与えると言われています。

発表前後の相場は大幅に動きやすく、世界中のトレーダーが注目している指標と言っても過言ではありません。

FXに慣れないうちは、前後の取引を推奨しないことも。

初めはデモトレードなどで、流れを実感してみるのが良いかもしれません。

GDP(国内総生産)

GDPはニュースなどでも耳にする指標ですね。

アメリカだけでなくほとんどの国で発表されているので、日本でもお馴染みかもしれません。
実際、FX以外にも株など金融投資にも関わっています。

GDPは経済の成長率を表す指標です。

四半期(3ヶ月)ごとの発表で、同時期の数値が複数回発表されるのが特徴。

基本的にはGDP伸び率が高ければ「国が成長している」と捉えられて、通貨が買われる傾向に。
逆ならば売られる傾向となります。

雇用統計よりも穏やかに相場が動くため、落ち着いた気持ちで取り組めるのがポイントです。

⇒最新の指標も更新!経済指標について詳しくはコチラ

米ドルが動きやすい時間帯

24時間取引できるFXですが、通貨ごとに動きやすい時間帯は存在します。

FXは世界を股に掛ける通貨取引ですから、各地の市場が開く時間帯に注目してみましょう。

アメリカのニューヨーク市場は、日本時間の21時~翌7時まで開いています。

※サマータイム制の導入により、夏時間は21~翌6時。
冬時間は22~翌7時までとなります。
2つの時間を総合して上記の時間として記載しています。

これは、この時間しかFX取引出来ないという訳ではなく、アメリカでFXをやっているトレーダーが参戦しやすいことを指します。

ニューヨーク市場とロンドン市場が重なる夜の時間帯が、最も値動きが激しいと言われています。

生活スタイルにもよりますが、サラリーマンや主婦の方だと、夜の時間帯の方が仕事等が終わってゆっくりFXがしやすいはずですよね。

時間帯から見ても、為替変動による利益を狙いやすいのが米ドルです。

⇒為替が動く時間帯 詳しくはコチラ

米ドルはこんな人向け!

ここまで米ドルの特徴について解説してきました。

最後にまとめとして、米ドル取引に向いている人はどんな方なのか簡単に見てみましょう。

・FXが初めての方

・馴染みのある通貨で取引したい方

・低リスクで取引したい方

・スプレッドを安く済ませたい方

・情報が豊富で予想が立てやすい通貨が良い方

・夕方~夜の時間帯の取引を考えている方

やはりこれからFXを始める方にとっては、米ドルが絡む通貨ペアは始めやすいオススメ通貨です。

デモトレードでFXの仕組みを覚えつつ、値動きの特徴や相場予測を身につけていくのが良いでしょう。

FXをやってみよう!(スマホでも登録・取引出来ます)

どんなFX会社を選べばいいの?

FXを始めるのは簡単です。FX会社のホームページに行き、必要な事項を入力するだけですので最短3分で手続きは終わります。

インターネット上で全ての手続きができるので簡単に手続きが終わります。

口座開設費・維持費等、全て無料です。キャッシュバックのキャンペーンをしている所もあります。

開設について詳しくは、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

初めての人は、システムが賢く24時間取引してくれるシステムトレードや無料練習出来るデモトレードを利用することで難しくなく始める事が出来ます。

初めてでも安心!FX会社特集

FXブロードネット
トラッキングトレードならチャンスを逃さず取引

ここがポイント
自動で賢く取引するトラッキングトレード搭載
無料セミナーに少額取引と初心者に優しい
スプレッド
(米ドル/円)
0.3銭
原則固定
スワップ34円
キャッシュバック20,000円
(最大)
公式サイト
FXブロードネットへ登録

賢くプログラムが相場の状況を常に把握し、24時間自動で取引してくれるシステムがトラッキングトレードです。

FXで判断に迷う売買のタイミングをプログラムに任せられるので、特に初めてFXをするに人に優しいFX会社です。

また、少額取引対応に加えてFX無料セミナーの開催などFX初心者のサポート体制が非常に充実!

これからFXを始めようと言う方に特に向いています。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

今なら20,000円 (最大)キャッシュバックキャンペーン中です。

公式サイトへ>
詳細ページへ>

SBI FXトレード
約4円から取引出来るので始めやすい

ここがポイント
2018年度オリコン 顧客満足度1位獲得
約4円からとお試し感覚で始められる
スプレッド
(米ドル/円)
0.27銭
スワップ-
キャッシュバック500円
公式サイト
SBI FXトレードへ登録

業界の常識を覆す「1通貨取引」を可能に!
約4円から始められるので、お試し感覚でFX投資を始める事が出来ます。

もちろんスマアプリにも対応しているので、時間や場所を選ばず取引をする事が出来ます。

またスプレッドが業界最狭水準で余計なコストがかかりません。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

今なら口座開設+初回ログインで 500円プレゼントキャンペーン中です。

公式サイトへ>
詳細ページへ>

ひまわり証券
簡単操作で初心者向けのループ・イフダン

ここがポイント
簡単操作で初心者もすぐ始められる自動売買
充実のサポートと万全の初心者支援サービス
スプレッド
(米ドル/円)
1.0銭
スワップ20円
キャッシュバック-
公式サイト
ひまわり証券へ登録

ひまわり証券の「ループ・イフダン」の特徴は、とにかく簡単な操作性です。

システムを選んでクリックするだけの3ステップ操作で、自動売買が初めての方でも安心。初めは無料練習のデモトレードでお試しから始めることも出来ます。

また1000通貨対応で、約4000円からループ・イフダンの開始が可能に!

詳しくは、◆ループ・イフダン特集

取引支援ツールの「さきどりテクニカル」では未来の相場を予測するなど、便利で豊富なサービスを提供しています。

お役立ち情報の配信、WEBセミナーなど情報サポートもばっちりです。

公式サイトへ>
詳細ページへ>

みんなのFX | トレイダーズ証券
モバイル機能充実でスマホ取引に最適

ここがポイント
定期開催のグルメキャンペーンが美味しく楽しい
人気講師によるオンラインセミナーが人気
スプレッド
(米ドル/円)
0.3銭
スワップ30円
キャッシュバック50,000円
(最大)
公式サイト
みんなのFXへ登録

1000通貨対応や人気講師を招いたオンラインセミナー、営業日24時間サポートなど初心者に優しいFX会社として注目されているのがみんなのFXです。

また有名為替情報配信社と提携し、FXのプロも納得の情報サポート体制です。

スプレッドが業界最狭水準で余計なコストがかからないのも嬉しいです。

定期開催される全国の絶品グルメが選べる美味しい企画もユニークで、楽しくFX取引をすることが出来ます。

公式サイトへ>
詳細ページへ>

外為オンライン
50万口座突破!初心者に優しいFX会社

ここがポイント
キャッシュバックキャンペーン中!
iサイクル注文で初心者でも安心して始められる
スプレッド
(米ドル/円)
1.0銭
スワップ20円
キャッシュバック5,000円
公式サイト
外為オンラインへ登録

外為オンラインは50万口座を突破、まずここで始めておけば間違いない!と言われる程に圧倒的な支持を受けるFX会社です。

特に「iサイクル注文」は簡単な設定で、24時間貴方に代わって賢くトレードしてくれるので、初心者の方や忙しい方でも安心して始められます。

(iサイクル注文の特集はこちら)

またminiコースなら資金が通常の10分の1で始められるので、少額でまずは試してみたいと言う方にもオススメです。

他にも無料練習できるデモトレード無料セミナーの開催など初心者サポートが充実している安心FX会社です。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

今なら現金5,000円キャッシュバックキャンペーン中です!

公式サイトへ>
詳細ページへ>

FXコラム