カナダドルってどんな特徴の通貨?アメリカの影響とは

カナダドルってどんな特徴の通貨?アメリカの影響とは

カナダドルってどんな通貨?アメリカとの連動性とは

カナダドルってどんな通貨?

カナダドルは、名前の通りカナダで使われている通貨です。

通貨コードはCADで、米ドルなど他のドルと区別するためにキャンドルキャンディとも呼ばれます。

世界第2位にも登る広大な面積を持つカナダは、資源国通貨としての一面を持っており、様々な傾向が見られるのが特徴的です。

カナダドルは米ドルとの連動性が高い

アメリカの隣国であるカナダは、輸出入のほとんどをアメリカが担っている状態となっています。

そのためアメリカ経済の影響を色濃く受けます。

例えば、アメリカ経済が好調であればカナダ経済も好調、というようにアメリカの好不調が直接カナダに影響するのも見逃せない点です。

そのためカナダドル相場を追う場合は、必ず一緒にアメリカ経済の動向をチェックしておきたいですね。

また肝心のアメリカ経済自体が中国経済の影響を受けているという背景もありますので、結局カナダドルも間接的に中国経済の影響を受けていると見ることも出来ます。

資源国通貨とは?カナダドルの特徴をおさえよう

カナダは世界的に見ても、資源を豊富に有する資源国のひとつと言えます。

石油や天然ガス・金属などの鉱物資源だけでなく、森林資源も豊富で、それらの輸出7割が隣国アメリカという過去のデータもあります。

特に石油の埋蔵量に関しては、全世界の15%を占め、サウジアラビア継ぐ世界第2位の位置に付けています。

そんな資源国で扱われる通貨は、資源国通貨という名称で呼ばれます。

資源国通貨の特徴は、その国が輸出する資源の価格が経済に大きく影響してくるということです。

カナダであれば原油価格が上昇することでカナダドルが買われ、逆に原油価格の下落でカナダドルが売られる傾向にあります。

また先ほど紹介した通り、輸出先の割合を大きく占めているのはアメリカですから、そんなアメリカ経済の影響を受けやすいことも覚えておきたいところです。

カナダドルの動く時間帯

世界中で取引され、24時間動き続けるFX相場ですが、各国の通貨には動きやすい時間帯が存在しています。

日本であれば夜中よりも、日中の経済活動が盛んな時間帯の方が動きやすいことが想像しやすいでしょう。

それと同じで、ニューヨーク市場が活発になる時間帯はカナダドルが含まれる通貨ペアが動きやすいです。

日本時間で言うと大体21:00~1:00頃で、この時間帯はロンドン市場と重なる部分もあり、FX市場が最も活発になる時間帯と言われています。

時間帯で見てもアメリカと隣国である影響は大きく、米ドルが動くときはカナダドルも動きやすいと見て間違いありません。

アメリカとカナダは経済指標の発表タイミングもほぼ一緒ですので、米ドルの動きに追従するようにカナダドルも動いていくことになります。

⇒為替の動く時間帯について詳しくは

カナダドルの運用例

カナダドル投資はいくらから可能なのでしょうか?運用例と合わせてみていきましょう。

2020年5月現在のカナダドルは1カナダドル=77円となっています。

この場合、1000通貨単位なら3000円程度、1万通貨単位なら3万円程度あれば取引が可能ということになります。(※レバレッジ最大)

米ドル/円だと4000円程度が必要であることを考えると、若干お手頃な印象を受けますね。

ただし米ドル/円や他の主要な通貨に比べて、カナダドルの1日のボラティリティは小さめです。

大きな値動きは期待できないので、デイトレードには若干不向きかもしれません。

アメリカ経済の影響を受けることを利用して、激しく値動きするタイミングを局所的に狙うことが出来れば短期でも大きな利益を狙うことが可能になりますが、その場合は経済指標のチェックや自信のある相場予測は必要になります。

金利の面での魅力も他国と比べるとイマイチな部分がありますから、長期運用に最適とも言い難いですし、取引期間の見極めが重要になってくるでしょう。

カナダドルは相場のことを理解したトレーダー向きと言える通貨かもしれません。

⇒直近の経済指標をチェックするならコチラ

カナダドルで注目したい経済指標

カナダドルの動向を探る上で重要になっているのは、カナダの経済指標発表です。

それぞれ見ていきましょう。

BOC政策金利発表

BOCとはカナダの中央銀行であるカナダ銀行のことです。

BOC政策金利発表はBOCによって決定された政策金利が発表されるもので、カナダの経済状況を判断するのに一番注目されている発表です。

年に8回発表されます。

予想値よりも高い数値が出た場合にはカナダドルが買われる傾向になりますが、逆に予想より低い数値が出た場合は売り傾向になると判断されます。

加・GDP(国内総生産)

経済の授業などでもお馴染みのGDPは、国内総生産のことで、カナダで生み出された財やサービスの一定期間の付加価値を総額として見るものです。

国の経済規模が分かる経済指標ですから、GDPの伸び率はそのまま国の経済成長を表します。

カナダのGDPは四半期ごと(2・5・8・11月下旬)の日本時間で22:30頃に発表されています。

加・消費者物価指数(CPI)

消費者物価指数は、消費者が購入するものやサービスなど、物価の動きを把握するための統計指標です。

総務省から毎月20日の日本時間22:30頃に発表されます。

インフレかどうかを判断する上で重視される指標ですし、金融政策にも影響を与えます。

加・雇用統計

カナダの雇用情勢を調べた景気関連の経済指標が雇用統計です。

毎月第一金曜日(※月初めが金曜日の場合は第二金曜日)に発表されますが、これは経済指標の王様と言われるアメリカの米雇用統計と同じ時間です。

そのため指標の発表時には注意が必要になります。

ただでさえこのタイミングで相場が荒れることが予想される上に、アメリカ経済の影響を受けやすいカナダ経済は、アメリカの動向に左右されやすいことになります。

また、カナダの雇用統計では失業率新規雇用者数が重視されています。

カナダドルはこんな人向け!

ここまでカナダドルについての解説を行ってきました。

スワップポイントの高さにも注目を集めていたカナダドルですが、2020年に入ってからの利下げで長期運用もなかなか厳しいものとなっています。

そのため運用するにはFX会社を厳選したり、取引時期を見極めたりする必要が出てきます。

今までであれば、初心者でも持っているだけでコツコツ貯まる中長期をオススメ出来ましたが、2020年5月現在の状況ではあまり始めたばかりの方向けとは言い難いです。

以下がカナダドル向けの方の要素になります。

・FX会社を複数使っていて、スワップポイントの厳選ができる方

・決済タイミングを見極められる方

・経済指標の発表など情報収集が得意な方

アメリカの影響を受けているだけあって、値動き自体は安定していますが、それは逆の意味にとらえれば大きなボラティリティが期待できないということになります。

以前はそれでもスワップポイント目当てで取引が出来ましたが、現状は難しいかもしれません。

そのため短期で売買するにしても、経済指標の発表時など、大きく相場に影響があるタイミングをきちんと狙っていくことが重要です。

決済タイミングを逃してしまったときに、潔く手じまい出来るような判断力も必要になってきます。

もし今後利上げが行われたとして、その機会をしっかりと追えるトレーダーや、FX会社を比較してよりスワップポイントの高い会社を利用するなどFX上級者向けのテクニックがあると取引がしやすい通貨と言えますね。

通貨別メニュー

FXをやってみよう!(スマホでも登録・取引出来ます)

どんなFX会社を選べばいいの?

FXを始めるのは簡単です。FX会社のホームページに行き、必要な事項を入力するだけですので最短3分で手続きは終わります。

インターネット上で全ての手続きができるので簡単に手続きが終わります。

口座開設費・維持費等、全て無料です。キャッシュバックのキャンペーンをしている所もあります。

開設について詳しくは、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

初めての人は、システムが賢く24時間取引してくれるシステムトレードや無料練習出来るデモトレードを利用することで難しくなく始める事が出来ます。

初めてでも安心!FX会社特集

外為オンライン
53万口座突破!初心者に優しいFX会社

ここがポイント
キャッシュバックキャンペーン中!
iサイクル2取引で初心者でも安心して始められる
スプレッド
(米ドル/円)
1.0銭
スワップ20円
キャッシュバック150,000円

外為オンラインは53万口座を突破、まずここで始めておけば間違いない!と言われる程に圧倒的な支持を受けるFX会社です。

特に「iサイクル2取引」は簡単な設定で、24時間貴方に代わって賢くトレードしてくれるので、初心者の方や忙しい方でも安心して始められます。

(iサイクル2取引の特集はこちら)

またminiコースなら資金が通常の10分の1で始められるので、少額でまずは試してみたいと言う方にもオススメです。

他にも無料練習できるデモトレード無料セミナーの開催など初心者サポートが充実している安心FX会社です。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

今なら現金150,000円キャッシュバックキャンペーン中です!

詳細ページへ>

FXブロードネット
トラッキングトレードならチャンスを逃さず取引

ここがポイント
自動で賢く取引するトラッキングトレード搭載
無料セミナーに少額取引と初心者に優しい
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭
原則固定
スワップ34円
キャッシュバック20,000円
(最大)

賢くプログラムが相場の状況を常に把握し、24時間自動で取引してくれるシステムがトラッキングトレードです。

FXで判断に迷う売買のタイミングをプログラムに任せられるので、特に初めてFXをするに人に優しいFX会社です。

また、少額取引対応に加えてFX無料セミナーの開催などFX初心者のサポート体制が非常に充実!

これからFXを始めようと言う方に特に向いています。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

今なら20,000円 (最大)キャッシュバックキャンペーン中です。

詳細ページへ>

みんなのFX | トレイダーズ証券
モバイル機能充実でスマホ取引に最適

ここがポイント
定期開催のグルメキャンペーンが美味しく楽しい
人気講師によるオンラインセミナーが人気
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭
(原則固定)
スワップ30円
キャッシュバック50,000円
(最大)

1000通貨対応や人気講師を招いたオンラインセミナー、営業日24時間サポートなど初心者に優しいFX会社として注目されているのがみんなのFXです。

また有名為替情報配信社と提携し、FXのプロも納得の情報サポート体制です。

スプレッドが業界最狭水準で余計なコストがかからないのも嬉しいです。

定期開催される全国の絶品グルメが選べる美味しい企画もユニークで、楽しくFX取引をすることが出来ます。

詳細ページへ>

YJFX! (ヤフーグループ)
お得な企画にデモトレ搭載と初心者に優しい

ここがポイント
充実ツールでスマホでも取引しやすい
1000通貨からと少額から始められる!
スプレッド
(米ドル/円)
-
スワップ44円
キャッシュバック27,000円
(最大)

大手IT会社ヤフーグループだからこそ出来る充実のサービス&サポートが満載!
1000通貨と通常の1/10の資金からできるので「ちょっと試したい」「やってみたいけど不安」という人も安心して始められます。

また、いつもと同じ取引をするだけでPayPayか現金が貯まるなど、お得な企画も満載です。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

キャッシュバックが27,000円 (最大)とキャンペーン中の今はお得に始めるチャンスです。

詳細ページへ>

LIGHT FX | トレイダーズ証券
お手軽に始められる本格FX

ここがポイント
業界最高水準のスワップポイントを狙おう
初心者が始めやすいシンプルなサービス満載
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭
スワップ51円
キャッシュバック50,000円
(最大)

トレイダーズ証券が運営する「LIGHT FX」は、とにかくFXに特化したFX専用の口座です。

1000通貨対応で約4000円から始められるほか、シンプルで使いやすい取引環境を提供しています。

その中でも注目したいのが、高金利通貨をかなりの高スワップポイントで提供していることです。

中期・長期運用を考えている方にはお得な情報ですので、ぜひ一度LIGHT FXで運用をしてほしいですね。

詳細ページへ>

FXコラム

サイト運営者情報

サイト運営者:松沢 美沙

サイト運営者:松沢 美沙

FX取引歴12年、サイト運営歴4年。
これまでの取引経験を生かしつつ、分かりやすいサイト作りに日々励んでおります。

私自身の取引スタイルは運営者情報にて。サイトで紹介しているFX会社へは登録済みです。

特商法:サイト方針・運営者情報

はなまるFXツイッター:@hanamaru_you_88

また当サイトでは金融庁に登録されている安心FX会社のみを紹介しております。
(金融庁HP:登録等を受けている業者一覧)