中国人民元の特徴と見通しは?FXで注目の通貨

中国人民元の特徴と見通しは?FXで注目の通貨

中国人民元の特徴や今後の見通しは?FX注目通貨

FXで今注目の中国人民元の特徴は何?

中国人民元は、中国の中央銀行である"中国人民銀行"が発行している通貨です。

中国元や人民元とも呼ばれますが、正式名称は「人民幣」となります。

通貨コードはCNHで、米ドルやユーロなどに並ぶ主要通貨として定められています。

世界第二位の経済大国と知られる中国の人民元は、為替差益・スワップポイントの両方に期待ができるとして注目を集め始めています。

比較的安定した価格の推移を見せる上に、購入価格自体も少額で済むケースが多いので、FX初心者の方でも始めやすい通貨のひとつと言えるかもしれません。

今回はそんな人民元の特徴や今後の見通しについて解説します。

中国人民元のFX通貨としての特徴と魅力とは

先ほど触れた人民元の特徴と魅力について具体的に見ていきます。

スワップポイントが高い

まず初めに触れたいのは、スワップポイントの高さです。

金利が低い通貨で金利の高い通貨を購入している場合、金利差の調整のために自動的に付与されていくものですが、人民元ではこの価格が他の通貨と比べて高く設定される傾向があります。

みんなのFXで保有シミュレーションをした場合の結果は画像のようになります。

通貨を持っているだけ、放置でもコツコツ貯まって行ってしまうのがスワップポイントの魅力ですから、長期取引を考えている方にピッタリな通貨になります。

始めるのに必要な資金も少額

少額で取引出来るのも人民元の魅力です。

2020年1月時点で1人民元=16円ですので、1Lot(=1万通貨)購入するのに必要な資金はレバレッジ最大で6,400円となります。

これはその他の主要通貨と比較した際に、かなりお手頃な価格であることが理解出来るかと思います。

因みに先ほどのスワップポイントの話と絡めて考えると、10万円の運用で画像のようになります。

1人民元あたりのコストが安いのでより多くの通貨を保有出来るようになるため、結果として1日あたり・年間あたりの買スワップも高額になるということです。

また国際的に信用が高まり、今後が期待されている人民元は、比較的価格の推移も安定していますのでマイナー通貨にありがちな大暴落も起こりにくいと言えます。

オンショア人民元とオフショア人民元

ところで人民元には種類があることをご存知でしょうか?

もともと人民元の取引や決済は、中国本土のみで行われるという決まりがありました。

ところが近年の規制緩和によって、香港を中心とした人民元市場が発展。

未だ規制が残っている中国本土の人民元市場と分かたれることにとって、同じ"人民元"という存在にふたつの市場が存在することとなりました。

そのため2つの人民元を区別するために、一方をオンショア人民元(CNY)、もう一方はオフショア人民元(CNH)として扱っています。

オンショア人民元は中国本土内のみで流通し、オフショア人民元は中国本土外で流通する通貨です。

同一の通貨であるにも関わらず、別の通貨コードが割り振られていることから分かる通り、規制の有無や市場の参加者の違いによって為替レートが異なってきます。

基本、FXで扱われているのはオフショア人民元です。

FX取引の際にはこの2つの人民元について特に意識する必要はありませんが、中国の通貨の歴史を知る上で頭に入れておくとよいでしょう。

FXで中国人民元が動く時間帯

FXにおいて最も動きやすい時間帯は21:00~2:00頃と言われています。

これは世界の中心市場であるニューヨーク市場とロンドン市場が重なる時間帯で、どの通貨においても値動きが活発化しやすい傾向にあるのです。

人民元も洩れず当てはまるので、まずはふたつの市場が重なる夜中の動向に注意しましょう。

また地理的な要素で考えると、東京市場や香港市場にも注目したいですね。

特に人民元と日本円の組み合わせであるCNH/JPYの通貨ペアを取引するのであれば欠かさずチェックしたいです。

香港市場は10:00~18:00頃に開いています。

この時間帯では中国人民元の基準値公表を見逃さないようにしましょう。

中国人民銀行では、10:15分に人民元のレートの基準値を公表しています。

値動きへの影響も決して少なくない発表ですから、時間帯をおさえた取引を行っていきましょう。

⇒為替の動く時間帯について詳しくは

FXで中国人民元取引をするときに注目したい経済指標

人民元の取引をするなら、中国の経済指標を押さえておきましょう。

アメリカやユーロ圏と比べると重要度は低くなるかもしれませんが、取引タイミングや今後の動向を知るのに経済指標を利用する癖は付けておきたいですね。

中国・GDP(国内総生産)

四半期(4月・7月・10月・1月)ごとに発表される経済指標で、中国の指標の中では最重要です。

GDPとは国内総生産のことですが、中国で一定期間内の生みだされた財とサービスの付加価値の総額のことを指します。

GDPは国の経済規模を見るための経済指標として広く知られています。

GDPが伸びているということは、中国の経済成長もそのまま伸びているということです。

中国のGDPは日本を抜いて世界第二位となっているため、そういった観点からも注目されているのが分かる指標のひとつです。

中国・製造業購買担当者指数(PMI)

製造業購買担当者指数(PMI)は、製造業やサービスの購買担当者を調査対象にしたアンケートの結果をもとに、数値化された経済指標です。

後に紹介する財新製造業PMIもありますが、こちらは民間企業によって発表されている一方、製造業PMIは中国国家統計局が毎月発表を行っているものでもあります。

製造業PMIが50を上回れば景気拡大、下回れば景気後退と言われています。

中国・財新製造業(PMI)

先ほど紹介したPMIのもう一方が、こちらの財新製造業PMIです。

財新製造業PMIのほか、財新PMI、財新サービス業PMIなどと呼ばれています。

ふたつのPMIの違いに関して、製造業PMIが大手の国営企業を対象にし、財新PMIは中小企業を対象にしている場合が多いことを押さえましょう。

そうすることによって企業規模によって見る指標を切り替えることが出来ます。

FXで中国人民元はこんな人向け!

ここまで人民元の解説を行ってきました。

少ない証拠金から始められる上に、スワップポイントも期待できる通貨として注目を集めています。

ただし、取り扱っているFX会社が絞られる他、経済指標などの発表もメジャーなアメリカ等と比べると弱い部分があります。

中国自体の時間が日本とそこまで時差がありませんから、出来るだけ普段の生活を崩したくない方には向いていると言えるかもしれません。

以下は人民元がオススメの方をまとめたものです。

・少ない資金でもスワップポイントを狙って取引したい方

・取引する口座を厳選できる方

・日本時間と同じ感覚で取引したい方

中でも押さえておきたいのは取引出来るFX会社が限られるという点です。

既にFXを始めている方が新たに人民元取引を始めようとする場合、特に悩まされる部分になってきます。

メイン口座が決まってしまっていると、なかなか新しい取引ツールに慣れるのも大変ですからね。

初めてFX取引をしようと考えている方で、人民元取引に興味がある方は取り扱い通貨ペアの豊富なFX会社をあらかじめ選択しておくと取引の幅が広がります。

高スワップポイントなど、人民元にとって環境の良いFX会社といえばみんなのFXがイチオシです。

中国人民元の今後の見通しは?

2020年の中国経済は年初こそ大きな景気後退をしたものの第3、4四半期はGDP成長率がプラスに転じ、他国に先駆けて経済が回復しています。

2021年は生産面だけでなく消費面の改善もされ、引き続き堅調な経済回復が見込まれています。

米でバイデン氏が大統領になったことで米中関係の改善が期待されています。

ただ米中対立は経済・軍事覇権、人権問題と多岐にわたっており、バイデン大統領になっても米中融和は起こりづらいです。

人民元については米の金融緩和の長期化による米中金利差の拡大で、対ドルで人民元強の展開が続きそうです。

2021年の人民元/円予想見通し

1人民元 = 14.7~16.6円

FXをやってみよう!(スマホでも登録・取引出来ます)

どんなFX会社を選べばいいの?

FXを始めるのは簡単です。FX会社のホームページに行き、必要な事項を入力するだけですので最短3分で手続きは終わります。

インターネット上で全ての手続きができるので簡単に手続きが終わります。

FX会社は口座開設費・維持費等、全て無料です。キャッシュバックのキャンペーンをしている所もあります。

開設について詳しくは、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

初めての人は、システムが賢く24時間取引してくれる自動売買や無料練習出来るデモトレードを提供しているFX会社を利用することで難しくなく始める事が出来ます。

特に外為オンラインなら上記のほかにも無料セミナーやアプリ、初心者サポートも充実して安心して利用できます!

初めてでも安心!FX会社特集

外為オンライン
62万口座突破!初心者に優しいFX会社

ここがポイント
キャッシュバックキャンペーン中!
iサイクル2取引で初心者でも安心して始められる
スプレッド
(米ドル/円)
0.9銭
スワップ20円
キャッシュバック150,000円

外為オンラインは62万口座を突破、まずここで始めておけば間違いない!と言われる程に圧倒的な支持を受けるFX会社です。

特に「iサイクル2取引」は簡単な設定で、24時間貴方に代わって賢くトレードしてくれるので、初心者の方や忙しい方でも安心して始められます。

(iサイクル2取引の特集はこちら)

またminiコースなら資金が通常の10分の1で始められるので、少額でまずは試してみたいと言う方にもオススメです。

他にも無料練習できるデモトレード無料セミナーの開催など初心者サポートが充実している安心FX会社です。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

今なら現金150,000円キャッシュバックキャンペーン中です!

詳細ページへ>

MATSUI FX
松井証券運営 1通貨取引OK&取引コストが安い

ここがポイント
1通貨単位で取引が出来る
業界最狭水準のスプレッド
スプレッド0.2銭
スワップ-
キャッシュバック1万通貨毎に5円

日本で有数の大手証券会社「松井証券」のFX部門がMATSUI FXと言う名称で大幅リニューアル。

老舗ならではの質の高いサポートに加えて、業界最狭水準のスプレッド1通貨単位取引に対応など初心者にも優しいサービスが多数追加!

電話サポートも7時~23時までと夜中にも対応、仕事終わりでも気軽に利用できます。

パソコンやスマホでの操作方法から取引の仕組みといった基本から丁寧に教えてくれるのでとっても安心。

FXが初めての人にも自信をもっておすすめできるFX初心者向け口座です!

今なら豪華キャッシュバックキャンペーンを実施中なのでこの機会をお見逃しなく!

詳細ページへ>

FXブロードネット
トラッキングトレードならチャンスを逃さず取引

ここがポイント
自動で賢く取引するトラッキングトレード搭載
無料セミナーに少額取引と初心者に優しい
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭
原則固定
スワップ34円
キャッシュバック20,000円
(最大)

賢くプログラムが相場の状況を常に把握し、24時間自動で取引してくれるシステムがトラッキングトレードです。

FXで判断に迷う売買のタイミングをプログラムに任せられるので、特に初めてFXをするに人に優しいFX会社です。

また、少額取引対応に加えてFX無料セミナーの開催などFX初心者のサポート体制が非常に充実!

これからFXを始めようと言う方に特に向いています。

口座開設が初めての人は、
◆口座開設・取引の流れを知ろう

今なら20,000円 (最大)キャッシュバックキャンペーン中です。

詳細ページへ>

FXコラム

サイト運営者情報

サイト運営者:松沢 美沙

サイト運営者:松沢 美沙
(twitter:@tunagatta)

FX取引歴12年、サイト運営歴4年。
これまでの取引経験を生かしつつ、分かりやすいサイト作りに日々励んでおります。

私自身の取引スタイルや紹介についてはこちらのプロフィールにて記載しています。サイトで紹介しているFX会社へは登録済みです。

また当サイトでは金融庁に登録されている安心FX会社のみを紹介しております。

認可を受けていない海外FX業者は国内拠点がなく、トラブルが発生しても自己責任となりますのでご注意ください。(※注)日本国内でFX業務を行うには金融庁に登録が必須です。
(金融庁HP:登録等を受けている業者一覧)

●必ず儲かると言った詐欺にご注意ください

必ず儲かるツールやFXで高配当を謳った集金など、詐欺事件ニュースが度々報道され、特に最近はSNSを介した勧誘が多いようです。

これだけ儲かってますとデータを見せて安心させる手口もありますが、収益データなどは簡単に改ざん出来ますのでご注意ください。

少しでも怪しいと感じたら周りの人に相談したり消費者庁に問い合わせてみましょう。