FXのやり方の前にFXとは何か?の基本を学ぼう

まずFXとは何か?について解説していきます。

FXとは「Foreign eXchange」の略で日本語の正式名称では「外国為替証拠金取引」と言います。

非常に長ったらしく直訳の「外貨交換」でいいような気もしますが、このFXの正式名称にはFXの本質が詰め込まれています。

ニュースでも毎日為替報道がされるように、世界各国が発行する通貨の価値は日々変動しています。

この常に変動するお金の価値を利用して取引するのがFXです。

例えば1ドル100円の時にドルを買い、1ドル120円になったら円に戻すことで差額分の利益が出ます。

FXとはこのように為替の差益を狙う取引が本流です。

但し、逆に1ドル80円など想定と反対に動いてしまうと損失になります。

しかしFX会社がリスクを抑えてくれる仕組みを導入していたり、リスクをコントロール注文方法があったりなど、きちんと取引をしていれば損失を怖がる必要はありません。

FXのやり方の正しい知識を得れば必要以上に損失を怖がらずに利益を目指す事ができます。

ここではFXのやり方解説からFXで気を付けるべきことや取引のコツなど、FX初心者が漠然と抱えてる「わからない」を優しく解決していきます。

FXを始める前に覚えておきたいやり方の基本や用語

FXには多くの専門用語がありますが全てを覚える必要はなく、FXをする上で理解しておくべき用語はほんの少しです。

初心者がFXをする上で覚えておくべき用語を解説していきます。

◆レバレッジ

FXは通常1万通貨単位からの取引です。最近では1000通貨からと少額取引に対応したFX会社が増えてきていますが、それでも「米ドル/円」なら1000ドルからの取引です。

日本円で大体10万円ちょっとくらいです。

サラリーマンのお小遣いが月3~4万円程度が平均ということを考えても、さすがに10万円をいきなり投資につぎ込むのは躊躇しますよね。

そこでFXではレバレッジという仕組みで少額の資金でも取引が出来るようにしています。

レバレッジとはFX会社に入金したお金を「証拠金」として最大その25倍までの取引が出来る仕組みです。

FXの日本語名に「証拠金」とあるのはこのレバッレジと言う仕組みを利用するのがFXでは普通だからです。

このレバレッジを利用すると1000ドル分の取引も4000円程度とお小遣いレベルの少額資金で始める事ができます。

この少額資金でも始める事が出来る点がFXの魅力で、実際副業としてFXを始めているサラリーマンや主婦の方が急速に増えています。

注意点として、レバレッジを利用することで少額でも大きな利益を狙えますが、同時に損失も大きくなる可能性があるので気を付けましょう。

レバレッジについてさらに詳しく学ぼう

◆スプレッド

スプレッドとは通貨を買う時の値段と売る時の値段の差の事を言います。

FX会社では売値と買値で微妙に違う値段を提示しています。

取引ツールやチャートでは買値をAskと、売値をBidと表示しているところも多いのでこれらの記載があったら買値と売値の事だと思ってください。

この差額がFX会社の利益になり、FX会社に支払う実質的な手数料となります。

AskとBidの差が小さい事を「スプレッドが狭い」と良い、差が大きいことを「スプレッドが広い」と言います。

当然スプレッドが狭い方がトレーダーが支払う手数料が少なく有利になります。

しかし注意点があります。

FX会社のHPではスプレッドは原則固定と書いてある所が多いですが、注意書きに「何時~何時までの間だけ適用」や重要経済指標発表時などの時は例外となり、スプレッドが変動する旨が書かれています。

夕方以降など為替の変動が活発になる時は原則固定の範囲外となる事が多いので、FX会社を選ぶときはスプレッドが狭い広いは参考程度にしておいたほうが良いです。

むしろその他のサービスや初心者向けのバックアップが充実しているかなどを重要視しましょう。

スプレッドについてさらに詳しく学ぼう

◆スワップポイント

FXでは日本より政策金利の低い国の通貨を保有することでスワップポイントと言う利益を得ることができます。

日本は世界でも有数の低金利国であり、多くの国が日本よりも政策金利が高いです。

この政策金利の差がどれくらいあるかを参考にFX会社ではスワップポイントの額を決定、トレーダーに支払います。

どの通貨を買うとどれだけスワップポイントが貰えるかは随時更新されますのでFX会社でチェックをしておきましょう。

例えば日本の政策金利0.1%とオーストラリアの政策金利1.5%の差は1.4%です。(2016年11月現在値です)

この差が大きいほど貰えるスワップポイントが大きくなる可能性があります。

トルコや南アフリカなどでは政策金利が7%大である事も珍しくなく、これらの国の通貨で高スワップポイントを狙った長期運用をする方も多いです。

ただし注意点が2点あります。

1つは逆に日本より金利の低い国の通貨を買ってしまった場合や、高い国の通貨を売っている状態では逆にスワップポイントを支払う必要があります。

もう一つは長期運用で利益を狙う場合に、為替変動に気を付け無ければならない点です。

スワップポイントで毎日コツコツ利益を得ても、為替の変動でスワップポイント利益よりも大きな為替差損が発生した場合、トータルでマイナスになってしまいます。

FXは平日はいつでも取引が出来るので定期的に為替相場を確認して取引を続けるか、またはいったん決済するかを決めるようにしましょう。

長期運用向け通貨トルコリラ特集

FXのやり方その①:FX会社を選ぼう

実際にではFXのやり方を見ていきましょう。

まずはFX会社を選ぶことです。

基本的に国内のFX会社であればどこを選んでも失敗した!と言う事はありません。

とは言えFX初心者の方が注目するべき点というのがあるので紹介します。

【FX初心者が見るポイント】

①1000通貨以下の取引に対応している

1万通貨からではレバレッジを最大に効かせても万円単位の資金が必要になります。

まずは始めやすい1000通貨単位でFXを始めて慣れていきましょう。

②デモトレードを提供しているか

デモトレードとは本番と同じ環境でお金を使わずにFX体験が出来るシステムです。

FXとはどういうモノなのか?ここのFX会社のツールは自分に合っているのか?など、本番を始める前にFX練習することができます。

③サポート体制は充実しているか

無料セミナーを開催していたり、電話サポート受付時間が長かったり、初心者向けツールが豊富だったりと初めての人向けのサービスが充実しているかは重要な判断基準です。

そうは言っても選ぶのは大変ですので、ここで初心者に優しいFX会社を紹介します。

◆外為オンライン

外為オンラインとはユーザーの半数以上が初心者と、初めての人に大人気のFX会社です。

口座数も45万口座を越え世界トップクラスのFX会社です。(2016年11月現在)

多くのFX会社は無料セミナーが月に1~2回程度なのに対し、外為オンラインは毎月何十回と無料セミナーを開催しています。

FX取引戦略と言った上級者向けのセミナーはもちろん、PCの使い方から教えてくれる超初心者向けのセミナーも無料で行っています。

最近では地方都市での開催も力を入れています。

また外為オンラインが人気の理由の一つに「iサイクル注文」という初心者に絶大な人気を誇るツールがあります。

iサイクル注文とは

[1]「売り」なのか「買い」なのか?

[2]参考にする過去のデータ期間は?

[3]どれくらいの資金で行う?

の3つを設定するだけで後は賢いシステムが24時間自動でお任せ取引をしてくれるので、FXのやり方が分からない初心者の方も楽々FXを始める事が出来ます。

また今の相場に合っている設定をHP上でランキング形式で発表しているので設定も迷いません。

外為オンライン特集ページへ

◆外為どっとコム

外為どっとコムは平日24時間電話対応(23時~翌朝7時までは電話での注文の受付のみ)や無料オンラインセミナーの開催などユーザーサポートが非常に充実しているFX会社です。

多くのFX会社は電話受付が夕方には終了してしまいますが、為替が活発になる夜も対応してくれるのは安心です。

また外為どっとコムは「バーチャルFX」というデモトレードサイトを運営しています。

無料で練習できるデモトレードですが「バーチャルFX」ではランキング形式で楽しく皆と競う事が出来たり、成績上位者には賞品が付いたりととても太っ腹な会社です。

外為どっとコム特集ページへ

◆YJFX!

YJFX!はあのヤフーグループのFX会社です。

無料オンラインセミナーはもちろん、クイズ形式で楽しくFXのやり方が学べる「YJFX!虎の巻」など初めての方でも楽しく学べるコンテンツが豊富です。

ヤフーグループだからこその万全インフラ体制や、取引でTポイントが貯まるなどユニークでお得なサービスもあります。

デモトレードもあるので無料でYJFX!を体験してみる事もできます。

YJFX!特集ページへ

FXのやり方②:FX会社で口座を開設しよう

FX口座の開設は、FX会社のホームページから行います。

ここでは外為オンラインを例にして、FX口座の開設方法について順番に解説していきます。

◆まずはFX会社のホームページへ

公式ホームページに行くと、口座開設のページがあるのでそこに行きましょう。

口座開設の流れは以下のようになっています。

◆必要事項の入力

登録画面に従って、必要事項を入力していきます。

同意や取引コース選択のチェックもあるので忘れないようにしましょう。

必要事項の入力が終われば、あとは本人確認書類を送付して口座開設の申し込みは完了です。

◆本人確認書類の提出

口座開設にはマイナンバーと、免許証などの顔写真付きの本人確認書類が必要です。

本人確認書類はスマホや携帯電話のカメラで撮影して送付することができます。

書類は両面必要になるので、撮影する際は裏面も忘れないようにしましょう。

本人確認書類の送付が終わると、ホームページでの申し込みは完了になります。

あとはFX会社で審査が行われ、一週間ほどでFX口座が開設されます。

FXの口座開設が初めての人は、

FXのやり方③:証拠金を入金しよう

FX口座が開設されると、FX会社から口座のログイン情報が送られてきます。

ホームページからログインし、開設された口座に入金すると取引ができるようになります。

FX口座への入金は、インターネットバンキングを使うと便利です。

FXのやり方④:FX取引を始めよう

口座に入金が完了したらさっそく取引をしてみましょう。

FXの取引は買ってから売る、あるいは売ってから買うまでが一つの取引の流れになります。

◆通貨ペアを決める

取引は通貨の交換によって行われます。最初に説明したアメリカのドルと日本の円(米ドル/円)や、ヨーロッパのユーロとドル(ユーロ/ドル)など、FXには様々な通貨ペアが用意されています。

初心者はまず基本と言われる米ドル/円で取引してみましょう。

◆取引を始める

FX取引のやり方は通貨を買う(売る)ことから始まります。

最初に通貨を買う(売る)ことを、FXではエントリーと呼びます。

現在のレートから上がる(円安)と思ったら「買い」、下がる(円高)と思ったら「売り」でエントリーして取引を始めます。

◆ポジションを持つ

FX取引のやり方は買ってから売る、あるいは売ってから買うまでが一つの取引の流れになると説明しました。

つまりエントリーしただけでは取引は成立しません。

買いエントリーから始めた場合は、その通貨を売るまで取引が続きます。

買ってから売る、つまりエントリーと逆の注文をして取引を終了することを決済と呼びます。

FXでは、エントリーしてから決済するまでの状態を「ポジションを持つ」と言います。

◆タイミングを見て決済する

ポジションを持ったら、相場の動きを見ながら決済するタイミングを待ちましょう。

1ドル100円で買いエントリーした場合、円安で1ドル120円になったタイミングで決済(売る)すれば利益が手に入ります。

売りから始めた場合は、円高で1ドル90円になったときに決済(買う)することで利益が出ます。

予想と逆にレートが変動した場合は損失になるので注意が必要です。

ですが、このようにFXでは円安でも円高でも利益を出すチャンスがあるのです。

初心者向けのFX取引のやり方やおすすめ通貨

FX取引のやり方を学ぼう

FX取引のやり方は大きく4つに分かれます。

ご自身のライフスタイルに合うやり方を選びましょう。

①デイトレード

デイトレードとは数分や数十分の感覚で取引を繰り返すやり方です。

分単位でも為替は小刻みに変動しており、その小さな変動を狙ってコツコツと利益を出していくことを目指します。

5分程度の時間があれば出来るので朝の出勤前やお昼休みなどちょっとした時間で行う方もいますし、仕事が終わった後でじっくりとデイトレードをするという方もいます。

デイトレードのメリットは取引中は画面を見続けているので相場の急変にもすぐに対応が出来る点です。

寝ている時や仕事中など見ていない所で相場が反対に動いてしまった、と言う心配をする必要がありません。

ただ熱中し過ぎて夜更かしをしてしまった、お昼休みを過ぎてしまった、と言うことがないように気を付けてください。

デイトレードよりも短い、数秒単位で取引を繰り返すスキャルピングというやり方もありますが、システムに負荷を与えるためスキャルピングを禁止にしている会社が多いので注意しましょう。

デイトレードについてさらに詳しく学ぼう

②スイングトレード

スイングトレードとは取引を始めたら1日~数日の間様子見を見ながら利確のタイミングを探るやり方です。

忙しいサラリーマンの方でもちょっと手が空いた時に相場をチェックするだけなので時間がとられることもありません。

その手軽さからサラリーマントレーダーの多くの方が行っている取引のやり方です。

注意点として、取引画面を見ていない時間帯の方が圧倒的に多いので相場が大きく動いて利益のタイミングを逃した、損失になっていた、となる場合があります。

FX取引では「ここまで動いて利益が出たら利確をしておいて」と言う注文や、「もしここまで損失になったら損切りしておいて」と言う注文を あらかじめ設定しておくことができます。

スイングトレードをする時はこういった予約設定をしておけばせっかくのチャンスを逃すこともありません。

サラリーマンや主婦に人気のスイングトレードのやり方

③長期運用

日本のような政策金利が超低金利の国の通貨で、政策金利が高い国の通貨を買うとその金利差に応じてスワップポイントという利益を得ることができます。

買う外貨によっては日本で銀行預金をするよりもはるかに高い率のスワップポイントが見込めるので、長期運用目的でFXをするという方も多いです。

為替差益を狙ったFX取引と違って、外貨を買ったら後はそのままにしておくだけでいいので非常に簡単です。

特に南アフリカやトルコなどは政策金利が7.0%を超えるのも珍しくなく、高スワップポイントが期待されるとこれらの国の通貨が人気となっています。

ただスワップポイントについてはいくつか注意点があります。

まず日本より金利が低い国の通貨を買った場合や、金利が高い通貨を売っている状態の場合は金利差に応じて逆にスワップポイントを支払う必要があります。

短期であればそれほど気にする額ではないですが、長期で保有する場合はスワップポイントがプラスなのかマイナスなのかは確認しておきましょう。

また、スワップポイントで利益を得ても為替の変動で為替差損が発生してしまった場合、トータルでマイナスとなってしまう可能性があります。

しかし銀行が行っている外貨預金と違い、いつでも日本円に戻せますし戻すときの費用も銀行の外貨預金とはケタ違いに安いです。

長期運用している場合でも定期的に為替はチェックして、自分に不利になるレートになりそうなら一度取引を終わらせましょう。

また様子を見て取引を再開すれば良いのです。

このような自由度の高い取引が出来るのがFXの強みです。

④自動売買

FXでは自分ですべてを行う手動取引(裁量取引とも言います)の他に、システムにお任せる自動取引というやり方があります。

最近の自動取引のシステムは非常に優秀かつ設定が簡単になっており、数クリックの設定で賢く上手な取引をしてくれます。

手動取引では感情に流されやすく適切な取引タイミングを逃してしまいがちですが、自動取引システムならそのような事はありません。

特に初心者の方は売買タイミングに迷うことも多いかと思いますので、最初は自動取引のシステムに任せてみるというのも賢いやり方だと思います。

お任せ取引で初心者も楽々の自動売買のやり方

デモトレードでFXのやり方を学ぼう

FX会社の中にはデモトレードという無料でFXを体験することが出来るシステムを提供している会社があります。

デモトレードは本番と同じ環境で練習が出来るので、その会社の取引ツールの使い勝手やFXとはどういうものなのか?を試すのに持って来いです。

また実践前にデモトレードで色々な経験をする事は本番の時にも役立ちます。

FXで成功する為に大事なものの一つに「経験」があります。

デモトレードなら無料でこの経験を好きなだけ積むことが出来るのでまずはデモでFXのやり方を学んでみましょう。

FXをするときに気を付けるべき点を確認しよう

FXで利益を目指すときにはリスクをしっかり理解しておく必要があります。

きちんと把握しておけば、むやみやたらに怖がることもありませんし、あらかじめ予防策を打つこともできます。

特にFX初心者が気を付けるべき事をまとめました。

①高レバレッジに注意

レバレッジを高めれば高めるほど少ない資金でも大きな取引が出来て大きな利益を目指せますが、その分もしもの損失も大きくなります。

特にハイリスクハイリターンを狙って「英ポンド/円」のような為替変動が大きい通貨ペアを最高レバレッジで取引するようなやり方は、強制ロスカットにかかりやすいです。

強制ロスカットとは、損が大きくなり手持ちの証拠金以上の損失になる前に強制的に取引を終わらせてトレーダーの資産を守るための仕組みです。

資産を守るための仕組みですが、高レバレッジで変動が大きい通貨ペアをした場合、利益側に変動する前に強制ロスカットを喰らい利益タイミングを逃すことが良くあります。

初心者の方は証拠金を多めに入れてレバレッジを低めにするようにしておくか、「米ドル/円」のような変動が緩やかな通貨で取引をしましょう。

②スワップポイントに注意

長期運用を目指す方にとって高スワップポイントの通貨は非常に魅力的ですが注意も必要です。

高金利の国の通貨は政治や経済不安などで為替変動が大きいものが多いです。

FXはいつでも取引を終わらせられ、再開もすぐにできるという普通の外貨預金にはないメリットがあります。

このメリットを生かして運用していくためにも、長期運用とは言え定期的に為替の動向はチェックするようにしましょう。

またFXでは買いだけでなく、売りから始める事が出来るためスワップポイントがマイナスになることも多いです。

デイトレードやスイングトレードなど数日程度ではほとんど気にすることもありませんが、長期で様子を見ようという時は今行っている取引のスワップポイントがプラスなのかマイナスなのかを把握しておきましょう。

いつも負ける人の共通点から成功するやり方を見つけよう

FXのやり方をまとめると

国内のFX会社であればどこを利用しても問題ありませんが、人気のFX会社は総じて初心者向けのサポートが厚いです。

FX会社を選ぶときのポイントはユーザーサポートの充実度で選ぶようにしましょう。

また、スワップポイントやレバレッジなどメリットとデメリットが混在する仕組みがFXにはあります。

まずは出来るだけ低レバレッジで低スワップポイントだけど為替変動がゆるやかな「米ドル/円」などの通貨ペアから始めてみるのが良いです。

無料練習が出来るデモトレードでFXのやり方を学べばさらに安心して始める事ができます。

FXとは?初心者必見の優しいFXのやり方